病院長挨拶-2
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
救急外来のご案内
交通のご案内
お問い合わせ先
調達情報
契約情報公開
バリアフリー情報
情報公開
診療実績・臨床指標
臨床研究について
よくあるご質問
個人情報保護方針
健康管理センター
訪問看護ステーション
  • 日本医療機能評価機構認定
  • 循環器内科

    外来診療担当表

     
    午 前 予約1診         田 邉
      予約2診 山 田 北 村 田 邊 山 田 大 川
    午 後 予約特殊
    外来
      ペースメーカー外来
    14:00~14:30
    栗 本(予約)
         
    *予約をされていない方の診察も実施しておりますが、少々お待ちいただく事はご了承下さい。

    スタッフ

    山田 千尋(やまだ ちひろ)(内科主任部長・循環器科部長)
    yamada chihiro ○京都府立医科大学卒(昭和52年)
    ○医学博士
    ○循環器学会近畿地方会評議員
    ○日本内科学会認定医、循環器学会専門医、超音波学会専門医
    ○専門:循環器疾患全般(特に虚血性心疾患、心筋症 など)
    田邊 進一(たなべ しんいち)(内科部長・健康管理センター長)
      ○京都府立医科大学卒(昭和58年)
    ○医学博士
    ○総合内科専門医、循環器専門医、人間ドック認定医
    ○人間ドック健診情報管理指導士
    ○日本医師会認定産業医
    山﨑 正貴(やまざき せいき)(内科部長)
    yamazaki seiki ○京都府立医科大学卒(平成3年)
    ○日本内科学会認定医、日本臨床内科医会認定医、日本プライマリ・ケア連合学会認定医
    ○日本循環器学会専門医、日本医師会認定健康スポーツ医、ICD制度協議会認定ICD
    大川 善文(おおかわ よしふみ)(医長)
      ○金沢医科大学卒(平成16年)
    ○日本内科学会認定医、日本循環器学会専門医
    北村 洋平(きたむら ようへい)(医員)
      ○三重大学医学部卒(平成17年)
    ○日本内科学会認定医、日本循環器学会専門医
    岩村 優美(いわむら ゆみ)(医員)
    iwamura yumi ○関西医科大学卒(平成17年)
    ○日本内科学会認定医、日本循環器学会専門医
    菅 孝臣(すが たかおみ)(医員)
    suga takaomi ○埼玉医科大学卒(平成27年)
    循環器内科では、高血圧症、虚血性心疾患、弁膜症、心筋症、心不全、不整脈、先天性心疾患、心膜炎、心筋炎、肺塞栓、末梢動脈疾患など、心臓や血管の病気を対象に、診療を行っています。
    狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患に対しては、冠動脈造影の結果によって、薬物治療、カテーテル治療、冠動脈バイパス術の何れかを選択して治療する必要があります。
    当科では冠動脈造影およびカテーテル治療を可能な限り橈骨動脈から行うようにしていますので、従来の大腿動脈から施行した時のような術後長時間の臥床安静は不要で、大多数の方は帰室後すぐから座ったり歩いたりすることが可能です。
    平成16年から薬剤溶出性ステントが使用可能となったことに伴って、再狭窄率が大幅に低下し、繰り返しカテーテル治療を要する症例は明らかに減少しています。
    心臓や血管の病気は突然発症し、急変することも多く、迅速かつ適切に対応する必要があります。私たちは急性心筋梗塞や不安定狭心症などに対して、緊急冠動脈造影、PTCA・ステント留置術などを行っています。
    また、徐脈性不整脈に対するペースメーカー治療、閉塞性動脈硬化症に対するPTA・ステント留置術、肺塞栓に対する下大静脈フィルター留置なども行っています。
    血圧が高い(高血圧症)、胸が痛い・圧迫される・締め付けられる(狭心症)、動悸・脈がとぶ(不整脈)、顔や下肢がむくんだり、息苦しくて仰向けになれない(心不全)、しばらく歩くと足が痛くなる(閉塞性動脈硬化症)、などの症状でお困りでしたら、当科ヘ受診してください。

    主要医療機器

    心電図、ホルター心電図、トレッドミル、心臓超音波・ドプラー検査装置、64列MDCT(東芝製)、MRI(フィリップス社製)、心血管造影装置(東芝製フラットパネル)、IABP、PCPS、血管内エコー装置、など
    PageTop