病院長挨拶-2
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
救急外来のご案内
交通のご案内
お問い合わせ先
調達情報
契約情報公開
バリアフリー情報
情報公開
診療実績・臨床指標
臨床研究について
よくあるご質問
個人情報保護方針
健康管理センター
訪問看護ステーション
  • 日本医療機能評価機構認定
  • 栄養管理室はどんなことをするところ

    京都鞍馬口医療センター栄養管理室

    栄養管理室では、「安全でおいしい食事の提供」・「適切な栄養管理・栄要相談」を部門目標として、主に外来患者・入院患者の栄養相談や入院患者の治療食を提供しています。
     a003lin
    スタッフの紹介
    富安 広幸(栄養管理室長)(管理栄養士)
     NST専門療法士・健康運動指導士・人間ドック健診情報管理指導士
    大久保 寛子(管理栄養士)
     健康運動指導士
    卯路 亜由実(管理栄養士)
     日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士
    西田 尚美(管理栄養士)
    非常勤管理栄養士 1名
    山本 哲也(主任調理師) (調理師)
     給食用特殊料理専門調理師
    中川 裕也(調理師)
    山崎 洋幸(調理師)
     給食用特殊料理専門調理師
    吉田 拓平(調理師)
    坂田 洋(調理師)
    貝川 博子(調理師)
    郡 昌輝(調理師)
    非常勤調理員 1名

     a0041lin


    活動報告
    2015年度

    学会発表

    西田尚美, 富安広幸. がん患者の経口摂取量とQOLスコアの関連性. 第50回京都病院学会, 2015. 6. 14; 京都

    四辻貴美, 富安広幸, NSTメンバー. 今後のNST活動に関する検討~アンケート調査を実施して~. 第50回京都病院学会, 2015. 6. 14; 京都

    吉田拓平, 富安広幸. 病院食における米粉パンケーキ提供の試み. 第50回京都病院学会, 2015. 6. 14; 京都

    坪内康則, 卯路亜由実, 西田尚美, 富安広幸. 当院におけるとろみの程度の現状. 第6回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2015. 6. 14; つくば

    西田尚美, 富安広幸, 高見宏子, 光本保英. 緩和ケアチーム対象患者の経口摂取量とQOLの関係. 第20回日本緩和医療学会学術大会, 2015. 6. 20; 横浜

    卯路亜由実, 富安広幸. 院内における「とろみ茶の程度」の現状把握. 第21回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会, 2015. 9. 12; 京都

    富安広幸, 小林ゆき子. 病院食喫食患者の満足度向上に関する要因の検討. 第62回日本栄養改善学会学術総会, 2015. 9. 25; 福岡

    大久保寛子, 富安広幸. 手指衛生講習および受講回数が手指衛生技術へ与える影響の検討, 第1回JCHO地域医療総合医学会, 2016. 2. 27; 東京

    富安広幸, 卯路亜由実, 西田尚美, 坪内康則, 能見伸八郎. 入院患者の病院食に対する評価と改善項目の検討, 第1回JCHO地域医療総合医学会, 2016. 2. 27; 東京

    取 材

    富安広幸, 西田尚美, 卯路亜由実, 福田勝哉, 中島明日香, 後藤美紀子, 番 浩子, 大塩 稔, 坪内康則, 尾﨑美智恵. きらきら輝くヒントがいっぱい!気になる施設の糖尿病教室におじゃまします!. 糖尿病ケア12(4): 64-67, 2015. 4. 1

    執 筆

    富安広幸. 2型糖尿病患者の栄養指導, 第4章 症例で学ぶ栄養指導のすすめかた, 栄養指導スキルアップ, Nutrition Care 2015春季増刊: 76-83, 2015. 5. 1

    2014年度    2013年度    2012年度

     a0041lin
    給食用特殊料理専門調理師
    調理師法に基づく調理に係る技術審査制度および職業能力開発促進法に基づく調理に係る技能検定制度において行われる試験を総称したものを調理技術技能評価試験と呼び、調理師に対し技術・技能の審査・検定を行い、これを公証することにより、調理技術技能を高め、調理師の地位の向上を図ることを目的として設けられた。
    公証する職種については、日本料理作業、西洋料理作業、麺料理作業、中国料理作業およびすし料理作業について行われ、平成3年度より給食用特殊料理が追加され、現在6種類の料理に関する調理作業について実施されている。
    • 専門調理師の称号(調理師法施行規則 第22条)
    • 調理技能士の称号(職業能力開発促進法 第66条)

    調理技術技能評価試験により同時取得できる。

    a0041lin
    栄養管理室トップへ

     
    PageTop