病院長挨拶-2
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
救急外来のご案内
交通のご案内
お問い合わせ先
調達情報
契約情報公開
バリアフリー情報
情報公開
診療実績・臨床指標
臨床研究について
よくあるご質問
個人情報保護方針
健康管理センター
訪問看護ステーション
  • 日本医療機能評価機構認定
  • 消化器内科

    外来診療担当表

     
    午 前 予約3診 今 本 千 藤 大 野 尾 藤 大 野
    午 前 予約6診         千 藤
    午 後 特殊
    外来
         消化器外来
    14:00~16:30
    大 瀨
     消化器外来
    14:00~15:30
    堀 江
     
    *予約をされていない方の診察も実施しておりますが、少々お待ちいただく事はご了承下さい。
     午後の特殊外来は予約のみの対応になります。

    スタッフ

    大野 智之(おおの ともゆき)(部長)
    ○東北大学医学部卒(平成5年)
    ○医学博士
    ○加入学会
     日本内科学会認定医
     日本消化器病学会 専門医・指導医
     日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
     緩和ケア(PEACE)指導者研修会修了
    今本 栄子(いまもと えいこ)(部長)
    ○京都府立医科大学卒(平成7年)
    ○専門分野 消化器内科一般
    ○加入学会
     日本内科学会認定内科医
     日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
     日本消化器病学会専門医・指導医・近畿支部評議員
     日本消化管学会専門医
     ヘリコバクター学会、ピロリ菌感染症認定医
     日本がん治療認定医機構がん治療認定医
     日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医
     日本旅行医学会認定医
    尾藤 展克(びとう のぶかつ)(医長)
    ○京都府立医科大学卒(平成12年)
    ○専門分野 消化器内科(内視鏡)
    ○加入学会
     日本内科学会認定医
     日本消化器病学会専門医
     日本消化器内視鏡学会専門医
     日本プライマリ・ケア学会指導医
     日本消化管学会
    千藤 麗(せんどう れい)(医員)
    ○京都府立医科大学卒(平成14年)
    ○専門分野 消化器内科(肝臓内科)
    ○加入学会
     日本内科学会
     日本消化器病学会
     日本肝臓学会
    堀江 隆介(ほりえ りゅうすけ)(医員)
    ○川﨑医科大学卒(平成16年)
    ○専門分野 消化器内科
    ○加入学会
     日本消化器内視鏡学会専門医
     日本内科学会認定医
     日本消化器病学会専門医
    大瀨 琢也(おおせ たくや)
    ○滋賀医科大学卒(平成22年)
     消化器病の診断および治療の進歩は著しく、当科でも社会のニーズに答えるべく最新の診断・治療を積極的に導入しています。特に、内視鏡検査・治療はめざましく、従来診断困難であったものが診断可能となったり、手術が必要であったものも内視鏡治療のみで完治することが多くなっています。内視鏡治療は当科で最も力を入れている分野であり、胃、食道、大腸、胆、膵の内視鏡治療を各種施行しています。特に内視鏡的粘膜下剥離術(ESD)は、スタッフ及び機器の充実をはかり、胃癌、食道癌のみならず直腸癌に対しても対応可能となりました。また、超音波内視鏡下穿刺吸引術(EUS-FNA)も導入し診断や治療に応用しています。
     内視鏡機器の患者・患者間の機器洗浄は過酢酸による内視鏡洗浄装置を使用し、学会の内視鏡洗浄ガイドラインに沿った安全な方法により感染予防を図ることで、安全な内視鏡検査・治療を提供しています。内視鏡機器はハイビョン画像の得られる最高級の機種(オリンパス社製HQ290シリーズ)を使用し、拡大内視鏡観察、治療専用内視鏡、NBI、硬度可変式大腸内視鏡、超音波内視鏡などといった最新鋭の機器も完備しています。 肝疾患に対するB型肝炎にはエンテカビルなどを用いた抗ウイルス療法を行います。C型肝炎にはペグインターフェロン・リバビリン・テラプレビル併用療法を中心としたインターフェロン治療、肝庇護療法としての瀉血療法を行います。
     肝癌の危険群では、早期発見を目的に超音波検査、CT、MRIによる定期検査に加え、腹部血管造影、造影超音波検査も取り入れ、早期発見に努めます。最新鋭の超音波診断装置を導入することによりCT、MRI画像をリアルタイムにエコー画像と連動させることが可能となっています。それによって、肝癌をより小さい段階で同定し、治療を行ないます。 肝癌の治療にはラジオ波焼灼療法、エタノール注入療法、肝動脈塞栓療法、分子標的治療薬などを個々の症例に応じて選択し治療を行います。肝硬変に対する栄養療法や、自己免疫性肝疾患や最近増加している非アルコール性脂肪性肝疾患の診断・治療にも取り組みます。

    主要医療機器

    腹部超音波(カラードプラー)、上部消化管内視鏡、下部消化管内視鏡、消化管超音波内視鏡、十二指腸内視鏡、アルゴンプラズマ 高周波装置、レントゲン撮影装置、腹部血管造影装置、CT(3D)、MRI(MRCP)など
    PageTop