病院長挨拶-2
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
救急外来のご案内
交通のご案内
お問い合わせ先
調達情報
契約情報公開
バリアフリー情報
情報公開
診療実績・臨床指標
臨床研究について
よくあるご質問
個人情報保護方針
健康管理センター
訪問看護ステーション
  • 日本医療機能評価機構認定
  • 疾患別治療方針

    急性白血病

     急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病に分かれます。いずれにおいても抗がん剤を用いた強力な寛解導入療法が行われ、続いて地固め療法、維持療法が行われます。急性前骨髄球性白血病では全トランス型レチノイン酸を用いた分化誘導療法が行われます。予後不良な染色体異常を有する患者様は同種造血幹細胞移植(血縁・非血縁・臍帯血)の適応になります。

     

    慢性骨髄性白血病

     分子標的薬であるイマチニブの導入により、同種移植の適応はほとんどなくなり多くの患者様が良好な経過をとるようになりました。最近ではイマチニブに代わり導入から第二世代の分子標的薬(ニロチニブ・ダサチニブ)が使用されつつあり、その予後はさらに改善しています。

     

    悪性リンパ腫

     ホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫に大別されます。ホジキンリンパ腫では化学療法が治療の主体です。非ホジキンリンパ腫はさらに細かく多数の病型に分かれますが、なかでもB細胞型リンパ腫ではモノクローナル抗体を用いたいわゆるミサイル療法と化学療法との併用が行われ、治療成績が向上しています。一部の症例では自家末梢血幹細胞移植や同種移植が行われます。

     

    多発性骨髄腫

     大量化学療法の適応である若年者(65歳以下)と適応のない高齢者に分かれます。若年者においては化学療法による寛解導入後に末梢血中の造血幹細胞を採取・保存し、ついで大量化学療法後にこれを移植します(自家末梢血幹細胞移植)。さらにサリドマイド、レンリドミド、ボルテゾミブなどの新規薬剤が導入され、これらを組み合わせることにより予後は大きく改善されつつあります。移植適応のない患者様では、従来の化学療法と新規薬剤の組み合わせた治療が行われます。

     

    ALアミロイドーシス

     形質細胞から産生される異常な蛋白(M蛋白)がアミロイド蛋白に変化し、臓器障害をきたす疾患です。近年、異常形質細胞を標的とした自家末梢血幹細胞移植や化学療法が行われ、臓器障害の改善がみられています。
     当院ではボルテゾミブ・メルファラン・デキサメタゾン(BMD)療法を高度先進医療として実施しています。この臨床試験は、厚生労働省難治性疾患克服研究事業「アミロイドーシスに関する調査研究」の班研究として全国9施設で多施設共同研究として実施しているものです。
    PageTop