病院長挨拶-2
病院紹介-2
外来のご案内-3
外来担当表-2
休診のご案内-4
入院される方-2
お見舞いの方へ-2
救急外来のご案内
交通のご案内-2
お問い合わせ先
調達情報
keiyaku-koukai-7
barrier-free-2
jouhou-koukai
診療実績・臨床指標
臨床研究について
よくあるご質問-2
個人情報保護方針
kenkan
訪問看護ステーション
同行訪問について
病院機能評価(3rdg:ver1-0)認定取得

呼吸器外科

外来診療担当表

 
午 後 特殊
外来
        石 川
13:00~16:00

スタッフ

石川 成美(いしかわ なるみ)
 
 呼吸器内科・放射線科との共同診療体制のもと、肺癌・転移性肺腫瘍・気胸・縦隔腫瘍などの治療を行っております。
肺癌は未だに予後が悪い癌であり早期診断・治療が望まれます。消化器癌では内科的な治療の進歩もあり予後が改善されてきておりますが、残念ながら肺癌については、予後の大きな改善は認めておりません。 いかに早期に診断し治療を行うかが重要となっております。そこで1cmを超える肺結節病変は悪性である可能性が高くなるため手術を含めた生検が勧められております。胸腔鏡下に手術を行うことで、従来の開胸手術に比べ患者様の負担が少なくなるよう工夫しています。1cmを超えるよう肺結節病変は経過観察することなく当科にご紹介いただければ幸いです。
気胸は当科で最も症例数が多い疾患であり手術療法が保存的治療と比べますと気胸の再発率を下げることができる確実な治療方法であります。またこちらも胸腔鏡下に行いますので患者様にとっては低侵襲で、仕事などで時間の制約のある患者様にとっても数日での社会復帰が可能であります。
PageTop