新型コロナウイルス情報
病院長挨拶-3
病院紹介-2
外来のご案内-3
外来担当表-2
休診のご案内-4
入院される方-2
お見舞いの方へ-2
救急外来のご案内
交通のご案内-2
お問い合わせ先
調達情報
keiyaku-koukai-7
barrier-free-2
jouhou-koukai
診療実績・臨床指標
臨床研究について
よくあるご質問-2
個人情報保護方針
kenkan
訪問看護ステーション
同行訪問について
病院機能評価(3rdg:ver1-0)認定取得

脳神経内科

外来診療担当表

午 前 5診 水 野 向 井
午 前 8診  向 井

診療内容・特色

令和4年度から脳神経内科は院長の水野敏樹と向井真央の2名が常勤で勤務することになりました。脳神経内科では頭痛、麻痺、震え、しびれ、めまい、ふらつき、物忘れ、歩きにくさなど脳が原因でおきる疾患を幅広く、診断・治療する診療科です。対象となる疾患は脳卒中、認知症、パーキンソン病など高齢者に多い疾患だけでなく、てんかん、片頭痛など幅広い年代に起きる疾患についても扱っています。突然力が入りにくい、以前からのしびれが治らない、徐々に手が震えるようになってきた、繰り返しおきる頭痛のため痛み止めを飲まないと日常生活に影響する、突然意識がおかしくなる、歩き方のバランスが悪く転倒しやすくなったなどは多くが脳や脊髄が原因で生じる病気で、頻度の多い脳卒中や認知症だけでなく、まれな病気が隠れていることもしばしばあります。これらの症状が気になられたら一度脳神経内科を受診ください。適切な薬物治療とともに障害された脳や脊髄の病気に対してはリハビリテーションが重要です。院外のリハビリテーション施設とも連携を取りながら、適切なリハビリテーションの指導も行っていきます。
水野 敏樹(みずの としき)(院長)
mizuno ○京都府立医科大学卒(昭和58年)
○医学博士
○入会学会
○日本内科学会(専門医、認定内科医)
○日本神経学会(専門医)
○日本脳卒中学会(専門医)
○日本認知症学会(専門医)
向井 麻央(むかい まお)(医長)
a ○香川大学医学部卒(平成18年)
○医学博士
○入会学会
○日本内科学会(認定内科医)
○日本神経学会(専門医)
○日本老年医学会(専門医)
PageTop