病院長挨拶-2
病院紹介-2
外来のご案内-3
外来担当表-2
休診のご案内-4
入院される方-2
お見舞いの方へ-2
救急外来のご案内
交通のご案内-2
お問い合わせ先
調達情報
keiyaku-koukai-7
barrier-free-2
jouhou-koukai
診療実績・臨床指標
臨床研究について
よくあるご質問-2
個人情報保護方針
kenkan
訪問看護ステーション
同行訪問について
病院機能評価(3rdg:ver1-0)認定取得

血液内科

島崎千尋(S52年卒)、村頭(むらかみ)智(S59年卒)、初瀬真弓(H7年卒)、淵田真一(H9年卒)、松井紗央梨(H23年卒)、井出大輔(H27年卒)、春山春枝(非常勤)の7名で診療しています。(第5回 日本アミロイドーシス研究会学術集会に参加しました

血液疾患のなかでも白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫といった造血器腫瘍の治療は、近年造血幹細胞移植や分子標的薬の導入によりめざましい発展を遂げ、これまで致死的であった疾患も治癒が期待できるようになりつつあります。当院ではこのような進歩に対応すべく、平成23年には無菌室を5床に増設し、移植適応のある患者様には自家および同種造血幹細胞移植を速やかに実施できるよう体制を整備しました(表1)。

【 当院の特徴として 】

1.日本血液学会認定施設であること
2.骨髄移植推進財団(骨髄バンク)非血縁者間骨髄移植認定施設・末梢血幹細胞移植認定施設であること
3.臍帯血バンクネットワーク移植施設であること
4.新規薬剤の臨床試験 (治験)や多施設共同試験に参加していること

などがあげられます。

当科のモットーは患者様の意向を尊重し、最良の医療を安全かつ迅速に提供することにあります。血液内科医に加え、がん化学療法認定看護師をはじめとした看護スタッフ、がん専門薬剤師、が一体となって、安心して治療に専念できる環境を整えています。当院の移植チームが「造血幹細胞移植Now & future 24:4-6,2012年7月」(http://www.hsct.jp/team/1203/tm1.php)に紹介されていますのでご覧ください。

難治性の貧血をはじめ血液疾患が疑われる患者様がおられましたら、ご紹介くださいますようお願いいたします。

【 当院血液内科で診療している主な疾患 】

貧血:鉄欠乏性貧血、再生不良性貧血、自己免疫性溶血性貧血など
白血病:急性白血病、慢性白血病
骨髄異形成症候群
骨髄増殖性疾患:真性多血症、血小板増多症、骨髄線維症
悪性リンパ腫
多発性骨髄腫、免疫グロブリン性(AL)アミロイドーシス
特発性血小板減少性紫斑病
その他の出血性疾患、凝固異常疾患

【 当院で行っている移植医療 】

自家末梢血幹細胞移植
血縁者間同種骨髄移植・同種末梢血幹細胞移植
非血縁者間骨髄移植・非血縁者間末梢血幹細胞移植
臍帯血移植

(表1)造血幹細胞移植移植件数
2015年 2016年 2017年 2018年 2019年 過去の合計
 自家末梢血幹細胞移植 10 14 7 7 5 132
 血縁同種骨髄移植 1 0 0 1 0 14
 血縁同種末梢血幹細胞移植 1 2 1 0 1 37
 非血縁者間骨髄移植 4 7 5 1 3 35
 臍帯血移植 6 5 5 6 0 36
 合 計 22 28 18 15 9 254
(表2)年度別退院患者数(入院治療)
2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
 骨髄性白血病 41 47 64 46 38
 リンパ性白血病 16 23 23 12 7
 骨髄異形成症候群 32 40 40 59 44
 悪性リンパ腫 112 139 132 130 96
 多発性骨髄腫 56 67 63 75 70
 アミロイドーシス 31 39 29 30 22
 再生不良性貧血 7 8 6 15 7
 特発性血小板減少性紫班病 2 7 7 14 10
 移植ドナー 13 6 6 3 3
 合 計 310 376 370 384 297
* 退院サマリーの第1傷病名より集計されています。
* 同じ患者様が複数回退院された場合には、それぞれ集計に含まれています。

 

外来診療担当表

午 前 予約1診 初 瀬(再診) 村 頭(再診) 島 崎(再診) / /
午 前 総合診 村 頭 淵 田(奇数週) 初 瀬 /
午 前 予約5診 淵 田(血液) / 春 山(血液) / 島 崎(血液)
午 前 予約6診 井 出(偶数週AM)
午 後 予約専門
外来
血液外来
村 頭
13:30~16:00
 血液外来
淵 田
13:30~16:00
血液外来
初 瀬
14:00~16:30
*予約をされていない方の診察も実施しておりますが、少々お待ちいただく事はご了承下さい。

スタッフ

島崎 千尋(しまざき ちひろ)(院長)
shimazaki ○京都府立医科大学医学部卒(昭和52年)
○専門分野
一般内科、血液内科 (造血幹細胞移植、造血器腫瘍の診断と治療)
日本骨髄腫学会功労会員、日本血液学会代議員、日本造血細胞移植学会
日本アミロイドーシス研究会幹事
厚労省「アミロイドーシスに関する調査研究」班員
日本骨髄腫患者の会 顧問医師、骨髄移植推進財団 調整医師
日本内科学会(総合内科専門医、認定内科医、指導医)
日本血液学会(認定血液専門医、血液指導医)
日本造血細胞移植学会(造血細胞移植認定医)
日本臨床腫瘍学会(暫定指導医)
日本プライマリ・ケア連合学会(認定医、指導医)
  ~患者様への一言~

    医学の進歩は日進月歩です。最新の情報と医療を提供しますので共にがんばりましょう!
村頭 智(むらかみ さとし)(副院長・内科計診療部長・検査部長)
murakami satoshi ○京都府立医科大学医学部卒(昭和59年)
○専門分野
血液学、造血器悪性腫瘍(白血病、・リンパ腫・多発性骨髄腫など)の治療
造血幹細胞移植(自家及び同種骨髄移植・末梢血幹細胞移植)
日本血液学会近畿地方会評議員
初瀬 真弓(はつせ まゆみ)(内科部長)
hatsuse mayumi ○京都府立医科大学医学部卒(平成7年)
○専門分野
一般内科・血液内科
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
がん治療認定機構がん治療認定医・暫定教育医
日本造血細胞移植学会造血細胞移植認定医
日本血液学会血液専門医・血液指導医
プライマリ・ケア連合学会認定医
淵田 真一(ふちだ しんいち)(内科部長)
fuchida shinichi ○京都府立医科大学医学部卒(平成9年)
○専門分野
一般内科・血液内科
日本内科学会認定内科医
日本血液学会認定血液専門医・指導医
日本造血細胞移植学会認定造血細胞移植認定医
日本骨髄腫学会代議員
日本医師会認定産業医
松井 紗央梨(まつい さおり)(医員)
 matsuiDr. ○福井大学医学部卒(平成23年)
○専門分野
一般内科・血液内科
○加入学会
日本内科学会認定内科医
日本血液学会
日本臨床腫瘍学会
井出 大輔(いで だいすけ)(医員)
 idedaisuke ○京都府立医科大学卒(平成27年)
○専門分野
一般内科・血液内科
○加入学会
日本内科学会認定内科医
日本血液学会
日本臨床腫瘍学会
   疾患別治療方針はこちらから         

 

多発性骨髄腫について読売新聞に掲載されました。
PageTop