新型コロナウイルス情報
病院長挨拶-2
病院紹介-2
外来のご案内-3
外来担当表-2
休診のご案内-4
入院される方-2
お見舞いの方へ-2
救急外来のご案内
交通のご案内-2
お問い合わせ先
調達情報
keiyaku-koukai-7
barrier-free-2
jouhou-koukai
診療実績・臨床指標
臨床研究について
よくあるご質問-2
個人情報保護方針
kenkan
訪問看護ステーション
同行訪問について
病院機能評価(3rdg:ver1-0)認定取得

麻酔とは

はじめに
image001
 手術時にはメスで体を切ったり、針と糸で傷口を縫ったりします。その時、麻酔が効いていないと、とても痛くて手術を受けられません。小さな手術では局所麻酔薬で手術部位の感覚を一時的に無くし、痛くない状態にします。また大きな手術では全身麻酔で無痛、無動、無意識の状態にし、患者さんが安全に手術を受けられるようにします。どの麻酔法で手術に臨むのか、個々の患者さんの状態や術式により決定されます。麻酔科医の行う『麻酔』とは局所麻酔から全身麻酔に至るまで、患者さんの状態と術式に応じた『周術期の全身管理』ということになります。

神経ブロック 
 手や足、おなかの傷口の感覚は、末梢神経を伝わり、脊髄→脳へと伝えられます。神経ブロックとはこの末梢神経の周りに局所麻酔薬を投与することで、『痛い』という感覚を脊髄や脳に伝えないようにしています。当院では全身麻酔に併用して神経ブロックを行い、術後の患者さんの痛みをできるだけ小さくするように努めています。

脊椎麻酔
 脊椎麻酔とは脊髄(脊椎の中にある神経の束)の周りに局所麻酔薬を投与することで、一時的に下半身が動かなくなり、感覚がわからないようにする麻酔法です。脊椎麻酔では患者さんの意識はありますが、感覚がないという状態になります。脊椎麻酔施行時は背中を丸めて頂き、脊椎(背骨)と脊椎の間に細い針を刺し、そこから局所麻酔薬を注入していきます。
 脊椎麻酔後は数時間で麻酔効果が切れ、足が動くようになります。また稀に脊椎麻酔後頭痛といって、頭が痛くなることがありますが、その場合、医療スタッフに頭痛がすることをお伝え下さい。

硬膜外麻酔
image003  硬膜外麻酔とは脊髄の外側にある硬膜外腔という狭い空間に硬膜外カテーテルという細長いカテーテルを挿入し、それを通して局所麻酔薬を持続的に注入し、手術中及び術後の手術部位周辺の痛みを和らげる麻酔法です。ほとんどの場合、全身麻酔あるいは脊椎麻酔と併用して行われます。
  脊椎麻酔と同様、硬膜外麻酔施行時は背中を丸めて頂き、脊椎(背骨)と脊椎の間に細い針を刺し、そこから硬膜外腔に硬膜外カテーテルを挿入していきます。
  また当院では、術後鎮痛法としてPCEA(Patient Controlled Epidural Analgesia)という方法を採用しております。これは痛みには個人差があるため、個々の患者さんの痛みの程度に合わせて、患者さんに痛みの自己制御を行って頂くという鎮痛法です。

全身麻酔
 全身麻酔とは無痛、無動、無意識の状態にし、患者さんに手術を受けて頂きます。最初にマスクより酸素を吸って頂き、点滴から静脈麻酔薬を投与します。患者さんが眠ったあとで、口から気管に向かって気管チューブあるいはラリンジアルマスクを挿入します。気管チューブを挿入する際、喉頭鏡という金属の機器で口の中を覗きます。その後、声帯を通して気管の中に気管チューブを挿入します。気管チューブやラリンジアルマスクは空気と麻酔ガスの通り道となり、患者さんは全身麻酔の状態になります。
 手術が終わると、麻酔から覚醒させます。その際、『わかりますか?』や『目を開けて下さい。』、『口を開けて下さい。』など意思疎通の確認を行い、気管チューブやラリンジアルマスクを抜去します。
麻酔科トップへ
PageTop