病院長挨拶-2
病院紹介-2
外来のご案内-3
外来担当表-2
休診のご案内-4
入院される方-2
お見舞いの方へ-2
救急外来のご案内
交通のご案内-2
お問い合わせ先
調達情報
keiyaku-koukai-7
barrier-free-2
jouhou-koukai
診療実績・臨床指標
臨床研究について
よくあるご質問-2
個人情報保護方針
kenkan
訪問看護ステーション
同行訪問について
病院機能評価(3rdg:ver1-0)認定取得

平成30年度 京都鞍馬口医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 246 239 206 108 181 304 646 1103 1095 373

◆定義 2017年度退院患者さんの人数を10歳刻みの年齢階級別に集計しています。年齢は入院時の満年齢です。
◆特徴 当院の入院患者さんは、60歳以上の占める割合が全体の69.40%、80歳以上が30.07%と、比較的ご高齢の患者さんが多くを占めています。比較的若い世代である40歳以下は23.47%です。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで) ファイルをダウンロード


内科





DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 (自院) 平均在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍含む)内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病:なし 283 2.44 2.67 0 68.27  
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1:なし 1、2:あり 手術・処置等2なし 副傷病:なし 109 4.71 4.47 0 74.38  
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 81 26.19 17.66 11.1 85.93  
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1:1あり 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 78 4.28 3.01 0 75.71  
110310xx99xx0x 腎臓または経路の感染症 手術なし 副傷病:なし 68 20.64 12.58 5.88 79  

内科の診断群分類の上位としては、「小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍含む)内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病:なし」、「狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1:なし 1、2:あり 手術・処置等2なし 副傷病:なし」、「心不全 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし」、「狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1:1あり 手術・処置等2:なし 副傷病:なし」、「腎臓または経路の感染症 手術なし 副傷病:なし」となっております。
当院の内科の特徴として、内科の多くの領域をカバーする専門医がおりますが、総合内科の形態をとっていますので、医局会も内科医師全員で行っています。したがって、医局内の意見交換もスムーズで、多臓器疾患の患者様にも適切な処置を迅速に行える長所を有しています。
 午前中の外来として、総合診、一般外来、循環器外来、消化器外来は毎日診療しています。その他として、血液、糖尿病、リウマチ、膠原病、神経内科、呼吸器、腎臓、ペースメーカーなどの専門外来を行っておりますので、多くの傷病名に対応した体制を入院、外来ともにとっております。

外科





DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 (自院) 平均在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上)ヘルニア手術鼠径ヘルニア等 61 5.75 4.96 0 71.98  
060210xx99000x ヘルニアの記載の無い腸閉塞 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 37 12.16 8.95 0 79.7  
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 25 9 7.3 0.0 66  
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:6あり 副傷病:なし 21 5.33 4.41 0.0 84.52  
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病:なし 21 9.71 6.78 0.0 47.57  

外科の診断群分類の上位としては、「鼠径ヘルニア(15歳以上)ヘルニア手術鼠径ヘルニア等」、「ヘルニアの記載の無い腸閉塞 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし」、「胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし」、「結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:6あり 副傷病:なし」、「虫垂炎 手術なし 副傷病:なし」となっております。
当院の外科の特徴として、消化器外科では、胃癌、大腸癌などに対して腹腔鏡による低侵襲手術を積極的に行い、胆石症以外の良性疾患、特に鼠径ヘルニア、虫垂炎の手術にも鏡視下手術を積極的に導入しております。
末梢血管治療センターでは、手術症例が急増し、最新のレーザーによる下肢静脈瘤の治療を実施しております。
乳腺外科では、高度な診断、治療、経過観察が行われ、手術はセンチネルリンパ節生検を伴った乳房温存術が主流です。

整形外科





DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 (自院) 平均在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 202 29.47 14.27 0 24.76  
160620xx02xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 関節滑膜切除術等 56 11.07 7.29 0 35.37  
160620xx97xxxx 肘・膝の外傷(スポーツ障害等を含む。)その他の手術あり 51 9.47 4.94 0 22.78  
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 40 41.07 26.3 67.5 82.45  
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 22 12.09 5.68 4.54 47.59  

整形外科の診断群分類の上位としては、「肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等」、「肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 関節滑膜切除術等」、「肘・膝の外傷(スポーツ障害等を含む。)その他の手術あり」、「股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等」、「前腕の骨折 手術あり」と肘膝の外傷が多くを占めております。
当院の整形外科の特徴としては、スポーツ外傷に対する手術は年間手術症例の約6割を占め、手術内容は膝、肩、肘関節などに対して関節鏡を用いて低侵襲で行う内視鏡手術が多く、特に膝関節を中心とする靱帯再建・形成術は151例に達し、一施設における年間手術件数では全国上位に相当するものでした。さらに、京都市北部における二次救急病院としての役割を担い、このために各科との連携を密にして骨折を中心とした外傷に対する速やかな対応が可能となるように受け入れ体制を整備しています。救急疾患の多くを占めている高齢者の骨折に対する治療、また加齢に伴う変形性関節症に対する人工関節手術も低侵襲で術後早期からの急性期リハビリテーションを積極的に行い、ベッド上の臥床期間の短縮に取り組んでおります。

小児科





DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 (自院) 平均在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病:なし 64 5.06 6.19 0 2.03  
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2:なし 44 5.31 6.14 0 2.68  
030270xxxxxxxx 上気道炎 32 3.93 4.96 0 2.15  
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満)手術なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 23 5.08 5.71 0 5  
080270xxxx1xxx 食物アレルギー 手術・処置等1:あり 11 1.09 2.14 0 3.36  

小児科の診断群分類の上位としては、「急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病:なし」、「インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2:なし」、「上気道炎」、「肺炎等(1歳以上15歳未満)手術なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし」、「食物アレルギー 手術・処置等1:あり」となっております。
当院の小児科の特徴としては、専門医3名で入院、外来を担当し、血液疾患、免疫疾患、腎臓疾患、内分泌疾患、神経疾患、心臓疾患、新生児疾患、感染症疾患の各傷病名に対し、質の高い医療を提供しています。

産婦人科



DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 (自院) 平均在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 14 15.57 9.87 0 47.07  
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:5あり 副傷病:なし - - - - -  
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頚部(膣部)切除術等 手術・処置等2:なし - - - - -  

婦人科の診断群分類の上位としては、「子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等」、「卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:5あり 副傷病:なし」、「子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頚部(膣部)切除術等 手術・処置等2:なし」となっております。
当院の婦人科の特徴としては、京都市北区総合病院としては唯一の生涯女性科として、婦人科診療を提供しています。オープンシステムの導入により、開業医の先生方、他病院の先生方と密着した医療を提供できるよう、また、患者様のさまざまな傷病に応じられるよう努めています。

泌尿器科





DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 (自院) 平均在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0xx 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術手術・処置等1:なし 副傷病:なし 22 8.68 5.62 0 63.59  
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1:あり 副傷病:なし 21 3 2.53 0 71.52  
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 19 6.57 7.2 0 76  
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等 19 9.42> 8.56> 0/td> 71.36  
110060xx99x20x 腎盂・尿管の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:2あり 副傷病:なしd> 15td> 5.93> 10.99 0/td> 67.47  

泌尿器科の診断群分類の上位としては、「上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術手術・処置等1:なし 副傷病:なし」、「前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1:あり 副傷病:なし」、「膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし」、「前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等」、「腎盂・尿管の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:2あり 副傷病:なし」となっております。
当院の泌尿器科の特徴としては、排尿疾患に伴う夜間頻尿や尿意切迫感による生活の質の低下を訴える方や健診でのPSA高値を指摘される方も多く、また、結石による疼痛、尿路感染症に伴う発熱などの救急疾患も極力速やかに対応しております。
一般的な泌尿器科疾患への治療はほぼ全て行える体制を整えています。

耳鼻咽喉科





DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 (自院) 平均在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1:あり 28 2 2.04 0 57.57  
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 25 7.72 5.43 0 38.12  
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 14 8.35 7.89 0 24.71  
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 11 8 7.04 0 51.45  
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし - - - - -  

耳鼻咽喉科の診断群分類の上位としては、「睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1:あり」、「扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし」、「扁桃、アデノイドの慢性疾患」、「慢性副鼻腔炎」、「顔面神経障害 手術なし」となっております。
当院の耳鼻咽喉科の特徴としては、内視鏡等を使用した外来での診察を積極的に行い、処置が必要であれば入院にて対応。舌癌手術では、動注化学療法を積極的に行って、術後機能障害の軽減や局所再発の低下を図っています。

眼科





DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 (自院) 平均在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 重症度:片眼 108 2 2.84 0 77.18  
020110xx97xxx1xxxx 白内障、水晶体の疾患 手術あり 重症度:両眼 - - - - -  
               
               
               

皮膚科





DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 (自院) 平均在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1:なし - - - - -  
               
               
               
               

麻酔科





DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 (自院) 平均在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
010111xxxxx0xx 遺伝性ニューロパチー 手術・処置等2:なし 20 27.85 12.45 0 70.9  
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - - - -  
070343xx99x00x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む)腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし - - - - -  
               
               


 

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数 ファイルをダウンロード





  初発 再発 病期分類 基準(※) 版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 30 12 2 6 1 2 1 7
大腸癌 12 17 25 20 13 40 2 8
乳癌 6 3 1 0 1 0 1 7
肺癌 3 2 16 32 37 0 1 7
肝癌 4 4 2 2 4 25 2 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約


5大がんと呼ばれる胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの患者さんの数を、初発の UICC 病期分類別、および再発に分けて集計しています。 UICC 病期分類とは、UICC 病期分類国際対がん連合によって定められた、①原発巣の大きさと進展度、②所属リンパ節への転移状況、③遠隔転移の有無の 3つのカテゴリによって各がんをⅠ期(早期)からⅣ期(末期)の 4病期(ステージ)に分類するものです。2016年度に退院した患者さんを集計し、集計対象期間中に複数回入院された患者さんはそれぞれ集計をしております。「初発」とは、当院において当該腫瘍の診断、あるいは初回治療を実施した場合を指します。「再発」とは、当院・他施設を問わずに初回治療が完了した後、当院にて患者を診療した場合や、がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード





  患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 22 6.28 76.57
中等症 119 26.59 82.46
重症 18 23.14 80.57
超重症 - - -
不明 0 - -

◆定義 市中肺炎の定義として、 DPCデータの入院契機病名および最も医療資源を投入した傷病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(DPCコード6桁が040080に相当)で、さらにその中でもICD10コードがJ13~J18(肺炎レンサ球菌による肺炎、インフルエンザ球菌による肺炎、その他肺炎)で始まるものとしています。 【ICD10コードとは】 International Classification of Diseases and Related Health Problems(疾病及び関連保健問題の国際統計分類)の略称で、世界保健機関(WHO)が世界保健機関憲章に基づき作成した、傷病に関する分類です。世界の異なる国における傷病の状況を比較できることを目的とした標準的分類で、現在は1990年のWHO総会で改定された、第10回修正版(ICD-10)が採択されています。◆特徴 市中肺炎とは、 普段の社会生活の中でかかる肺炎のことであり、成人市中肺炎診療ガイドライン (日本呼吸器学会)による重症度分類を用いて集計しています。この指標では細菌による肺炎を 集計しており、インフルエンザウイルスなどのウイルスによる肺炎や食べ物の誤嚥による肺炎、 気管支炎などは集計対象外です。患者数は中等症が最も多く、重症度が上がるごとに長い治療期間を要します。また、軽症の患者さんの平均年齢が50歳ほどであるのに比べ、中等症~超重症になるほど高齢の患者さんが多くなっています。治療は、急性呼吸不全の管理、薬剤投与が中心です。様々な病態に応じた呼吸管理を行っています。 ※(年間患者数が10人未満の場合は「-」ハイフン表示となっております。)

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
I63$ 脳梗塞 3日以内 32 26.59 82.46 43.75
その他 14 23.14 80.57 50

◆定義 入院中に医療資源を最も投入した傷病名のICD10コードの上3桁で集計しています。 【ICD10コードとは】 International Classification of Diseases and Related Health Problems(疾病及び関連保健問題の国際統計分類)の略称で、世界保健機関(WHO)が世界保健機関憲章に基づき作成した、傷病に関する分類です。世界の異なる国における傷病の状況を比較できることを目的とした標準的分類で、現在は1990年のWHO総会で改定された、第10回修正版(ICD-10)が採択されています。◆特徴 発症3日目以内の急性期脳梗塞の患者さんが全体の約78.43%を占めています。 常時CT・MRI・などができる万全の検査体制を敷いています。 ※(年間患者数が10人未満の場合は「-」ハイフン表示となっております。)

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード


内科






Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 282 0.49 1.43 0 68.84  
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 108 1.93 4.22 0.92 75.04  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 38 1.65 16.81 5.26 77.84  
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 24 0.04 7.62 0 74.35  
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 23 11.6 27.39 0 78.91  

内科の手術件数上位としては、「内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満)」、「経皮的冠動脈ステント留置術(その他)」、「内視鏡的胆道ステント留置術」、「内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層)」、「ペースメーカー移植術(経静脈電極)」となっております。

整形外科






Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) 160td> 1.35 28.52 0 23.56  
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) 68 1.17 6.67 0 27.25  
K068-2 関節鏡下半月板切除術 41 1.07 8.88 0 36.73  
K069-3 関節鏡下半月版縫合術 39 1.12 22.24 0 29.74  
K0463 骨折観血的手術(鎖骨) 30 1.43 13.8 3.33 44.6  

整形外科の手術件数上位としては、「関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靭帯)」、「骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿)」、「関節鏡下半月板切除術」、「関節鏡下半月版縫合術」、「骨折観血的手術(鎖骨)」となっております。

外科






Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K634td> 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 50td> 1.52td> 3.38> 0 72.36  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 31td> 1 8.12> 3.22> 66.13  
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 20td> 1.75td> 13.35 0/td> 72.5>  
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 18td> 0.27td> 4.66td> 0 43.83  
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頚部その他) 15td> 2.33> 12.8d> 0 68.07  

外科の手術件数上位としては、「腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側)」、「腹腔鏡下胆嚢摘出術」、「腹腔鏡下胆嚢摘出術」、「腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術」、腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)」、「抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頚部その他)」となっております。

眼科




Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 115td> 0 1 0 79.87>  
               
               

眼科の手術件数上位としては、「水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他)」となっております。

泌尿器科






Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K7811> 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 24td> 5/td> 5.08d> 0 64.75  
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除(ホルミウムレーザー) 17/td> 2.82> 5.35> 0 71.24  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 15/td> 2.6d> 5.87> 6.67> 62.6>  
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 10/td> 2.2d> 4.8d> 0 77  
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 10 1.2 2.7 0 74.5  

泌尿器科の手術件数上位としては、「経尿道的尿路結石除去術(レーザー)」、「経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザー)」、「経尿道的尿管ステント留置術」、「膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用)」、「膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他)」となっております。

産婦人科






Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 15 3.2 11.2 0 50  
K867 子宮頸部(腟部)切除術 - - - - -  
K9091ロ 流産手術(妊娠11週まで)(その他) - - - - -  
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) - - - - -  
K879 子宮悪性腫瘍手術 - - - - -  

婦人科の手術件数上位としては、「子宮全摘術」、「子宮頸部(膣部)切除術」、「流産手術(妊娠11週まで)(その他)」、「子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹)」、「子宮悪性腫瘍手術」となっております。

耳鼻咽喉科






Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 15 1 6.4 0 24.07  
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) - - - - -  
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) - - - - -  
K344 経鼻腔的翼突管神経切除術 - - - - -  
K4632 甲状腺悪性腫瘍手術(全摘及び亜全摘) - - - - -  

小児科






Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K6262 リンパ節摘出術(長径3cm以上) - - - -    
               
               
               
               

皮膚科






Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - -    
               
               
               
               

耳鼻咽喉科の手術件数上位としては、「口蓋扁桃手術(摘出)」、「内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術)」、「内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術)」、「経鼻腔的翼突管神経切除術」、「甲状腺悪性腫瘍手術(全摘及び亜全摘)」となっております。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率) ファイルをダウンロード




DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 7 0.15%
異なる 21 0.46%
180010 敗血症 同一 34 0.76%
異なる 10 0.22
180035 その他の真菌感染症 同一 4 0.088
異なる 4 0.088
180040 手術・処置等の合併症 同一 2 0.044
異なる 1 0.022

◆定義
○DPC制度 PC制度とは、平成15年に導入された急性期入院医療を対象とした診療報酬の包括評価制度のことです。 DPC:Diagnosis Procedure Combinationの略で、①診断群分類に基づく1日当たりの包括支払い制度、②患者分類の診断群分類という意味を持つため、平成22年12月16日より、①のDPC制度はDPC/PDPS(Diagnosis Procedure Combination/Per-Diem Payment System)となりました。 ※急性期:患者の病態が不安定な状態から、治療によりある程度安定した状態に至るまでの期間を指します。重症に限らず、軽症の急性期患者も含みます。
○DPCコード DPCコードは、すべてのDPC制度対象疾病に対して振られたコード、14桁で構成されている番号のことです。 ※該当表では診断群分類病名を示す頭6桁を使用しています。
○播種性血管内凝固(DIC) 播種性血管内凝固症候群とは、本来出血箇所のみで生じるべき血液凝固反応が、全身の血管内で無秩序に起こる症候群である。早期診断と早期治療が求められる重篤な状態で、治療が遅れれば死に至ることも少なくない感染染症などによって起こる、全身性の重症な病態です。治療に大きな医療資源が投入されるため、該当するDPCで高額な点数が設定されています。
○敗血症 敗血症とは、感染に対する制御不能な生体反応に起因する、生命を脅かすような臓器障害のことで、細菌感染症の全身に波及したもので感染症によって起こる、全身性炎症反応の重症な病態です。治療に大きな医療資源が投入されるため、該当するDPCで高額な点数が設定されています。
○真菌症 真菌症とは真菌がヒトや動物の体の障壁を越えて定着することに起因する感染症。
○手術・処置などの合併症 ここであげる合併症とは腹部手術後に続発するイレウスのように、原疾患に対する内視鏡や手術などの検査あるいは治療に伴ってある確率で不可避に生じる病気や症状も同様に合併症(「検査の合併症」、「術後合併症」)と呼ばれている。この意味での合併症を医療過誤や医療事故と勘違いすることが多いですが、最大限の注意を払って最善の治療を施しても回避不可能であるという点で異なります。
○入院契機 DPCコードにて分類される包括請求の対象となる病気(DPC病名)とは別に、入院となる原因になった病気(入院契機病名)がそれぞれの入院患者さんにつけられています。DPC病名と入院契機病名が「同一」か「異なる」かにより分けて集計しています。「同一」ということは、ある病気の診療目的で入院して、その病気の治療を行ったということを表します。一方「異なる」ということは、ある病気の診療目的で入院したが、併発していた、もしくは入院中に発症した違う病気(この指標の場合は、播種性血管内凝固や敗血症、手術・処置などの合併症)による治療が主だったものになってしまったことを表します。
○請求率 全入院患者さんのうち、該当するDPCで入院費の請求となった患者さんの割合です。 ※(年間患者数が10人未満の場合は「-」ハイフン表示となっております。) ※当院は、手術や処置などを行う際には合併症を起こさないように細心の注意を払い施行しています。起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者さんに説明した上で、手術や処置の施行に同意をいただくよう努めています。

更新履歴
 

2019/09/12
新規掲載
 



PageTop